この記事は約 4 分で読めます。

2023年9月に天馬株式会社からフィッツケース「FC40」が発売されました。

こちらの製品は、累計1億個も販売された天馬のロングセラー製品「フィッツケース」の新モデルです。
近年の住宅事情に合わせた製品となっており、家の中での様々なスペースで活用できるように開発されています。

こちらの記事では、新製品フィッツケース「FC40」の特長や場所別の活用例、製品のメリット・デメリットをレビューしていきます。

※本記事はプロモーションが含まれています。

このコラムを書いた人
成島理紗
  • 一人暮らし女子のお片付け専門家
  • 整理収納アドバイザー1級・インテリアコーディネーター
  • 一人暮らしお片付けサービスおへやアレンジメント代表
  • 今まで訪問した一人暮らし女子宅の件数は500件を超える
  • 趣味は収納グッズの情報収集と旅行
本コラム限定クーポン

記事の最後に本コラム限定の10%OFFクーポンのご案内があります。
ぜひお得なクーポンをご利用ください。

フィッツケース「FC40」の特徴

ロゴ無し・シンプルデザインで統一

まず、大きく変わったのは、「見た目」です。

今まで発売されていたフィッツケースは下の写真のような「ロゴ」が引き出しの前面に付いていました。

ロゴが無くなり、見た目がスッキリ!!

ロゴが付いていると、引き出しを買い足すときにどのメーカーなのか分かりやすいメリットもありましたが、空間への主張が大きいので、デメリットになってしまうということも。

今回は、そのロゴが刻印となり、場所を選ばずに使えるようになったのです。
本当に、あのフィッツケースなのか?と思ってしまう程の見た目です。
あのロゴが無いのが少し寂しい気もしましたが、リビングに置いても浮かないのはかなり良いです。

デザイン、とても美しいです!

ちなみに、正面(前板)の材質は「すりガラス調」になっています。

従来のフィッツケースの「透明」な感じよりも、高級感があります。
中に入れたモノがうっすら分かりながらも、完全に透けない仕様なので、見た目・使い勝手ともにいい感じです。

製品のサイズ展開が豊富。収納を選ぶのが苦手な人向き

フィッツケースFC40 は、奥行がどれも40㎝となっているため、購入時に確認するのは「幅と高さ」のみとなります。
今までは、「クローゼット用の引き出し」「押入用の引き出し」など、置く場所が決まっている製品が多い印象でしたが、今回の製品はクローゼットやキッチン、洗面など、サイズが合えば家の中のどの場所でも活躍してくれるため、「選ぶ手間」が軽減されると感じました。

幅と高さのサイズ展開は下記のようになっています。

  • 幅は5㎝刻み
  • 高さは10㎝刻みです。

収納業界では珍しい!「高さ40㎝」の引き出し製品がある

ストックを収納しようとしたのに、引き出しに背の高いものが入らなかった経験ありませんか?
私は、詰め替え用のお得用サイズ洗剤が入らず、収納中にモヤモヤしたことがありました。

ですが、フィッツケース「FC40」の一番深い製品は「引き出し高さ」が40㎝あります。
色々な収納グッズを見てきましたが、実はこのサイズ感の収納が中々無かったのです。

そのため、キッチンの場合は高さのあるもの(2Lのペットボトルやワイン、パスタケースなど)、洗面の場合は柔軟剤の詰め替え(超特大サイズ)など、今まで引き出しの高さが引っかかって入らなかったものがすっぽり入れられるようになります。

背の高いものも収納できるようになるのは、収納アドバイザー的にはとても魅力的です。

今までのフィッツケースの良さは継承

ロングセラー商品のフィッツケースですが、新発売の「FC40 」は見た目が変わっても従来品の良さが受け継がれています。

キャスター設置可能

引き出しの足元にキャスター取り付けが可能。
しかも、キャスターのカラーバリエーションも「ホワイト」か「クリア」2つの選択肢があるので、より一体感のある収納を作ることができます。

前倒れ防止機能付き

引き出しを積み重ねた際に、重ねた引き出しが前倒れしない機能も継承されています。
このような細やかな機能はさすがの天馬クオリティーです。

引き出しのたわみを防ぐアルミ補強板内蔵

また、枠にはアルミ補強版が入っているので、引き出しが「変形しにくい」作りになっています。
安い製品を購入すると時間が経つにつれて変形し、引き出しの出し入れがしにくくなったりするので、このような作りは長く使用する上では大切なポイントです。

棚板装着が可能に

今までフィッツユニットケース(フィッツケースのハイグレード製品)にしか搭載されていなかった「棚板」が付けられるように進化しました。

引出と棚を組み合わせることで、収納の幅が広がります。
こちらの写真のようにカゴと組み合わせると使いやすくなります。

【活用例】奥行40㎝は家のこんな場所にあります

今回発売された奥行き40㎝のフィッツケース「FC40」が家の中のどのような場所で使えるか、活用例とともにお伝えします。

奥行の少ないクローゼットに

代表的な活用場所は奥行の少ないクローゼットです。

通常、クローゼット用の引き出しは「奥行53㎝前後」が主流です。
しかし、そのサイズが入らないクローゼットも住宅には多く存在しています。

そうなったときに活躍してくれるのがFC40 のフィッツケースです。
私の自宅でも奥行53㎝の引き出しが入らず、引き出し選びに苦労していましたが、これからはこちらのケースを入れてクローゼットをすっきり使いやすくできそうです。

パントリーや洗面スペースにピッタリ

続いてご紹介するのはパントリーです。
パントリーの奥行は平均40㎝前後なので、フィッツケース「FC40」が気持ちよくフィットしてくれます。
こちらの写真は先日伺った展示会での様子です。
モノが多くてごちゃごちゃしやすいパントリーも、引き出し収納を入れることで、モノがカテゴリー別になり使いやすくなります。

メタルラックに入れて使えそう

最後にご紹介するのは、少し意外かもしれませんがメタルラックやシェルフ系の家具です。
収納のプロ目線としてはこのような家具にもピッタリ合いそう!と思っています。

下の写真はイメージですが、奥行45㎝前後のメタルラックに今回の引き出しが置いて使えるようになると、オープンの棚に引き出しを入れた収納が作れるため、更に収納がしやすくなりそうと感じました。

まとめ

家の中には、奥行40㎝のゾーンが意外と多く存在しています。
元々、天馬から出ている奥行40㎝の収納ケースは「カバゾコ」のみでしたが、今回のフィッツケース「FC40」は、よりデザインが洗練されていて、奥行が浅い引き出しを探していた方には使いやすい収納グッズです。

最近の住宅事情に合わせて、奥行の浅いクローゼットやパントリーなど、家の中のあらゆる箇所で活躍してくれるのが魅力です。

お家のあらゆる箇所で活躍してくれる「FC40」でお家をスッキリさせてみてはいかがでしょうか。

10%OFF 限定クーポン

こちらの記事で紹介した製品はおへやアレンジメント限定の10%OFFクーポンを利用することができます。
ぜひ、クーポンを利用して快適な収納を作ってみてください。

クーポンご利用方法
  1. こちらのページ内の商品リンクをクリック
  2. 天馬フィッツワールド内の購入ページで以下のクーポンコードを入力

クーポンコード ohyCoupon

この記事で紹介した商品

フィッツケース FC40シリーズ

公式通販サイトのお得な情報や、おすすめ商品や新作情報をゲットできる天馬公式SNSアカウントはこちら