この記事は約 29 分で読めます。

あと数センチ引き出しが小さければ、クローゼットに収まったのに・・・!と、ぴったりサイズの収納が見つけられず困った経験はありませんか?

巷では、様々な収納グッズが販売されていますが、どのような収納グッズが「丁度良いサイズ」なのかを見極めるのは至難の業です。

今回のコラムでは、クローゼットや押入で活躍してくれる「衣装ケース」を、サイズ別で一挙にご紹介していきます。

  • 衣装ケースとは、クローゼットや押入で使う、お洋服収納用の引き出し収納ケースです。
    ばら売りになっていて、1段ずつ積み重ねて使えるので、住まいの形に合わせて組み合わせできます。

クローゼットの収納グッズを探している方への参考になりましたら幸いです。

このコラムを書いた人
成島理紗
  • 一人暮らし女子のお片付け専門家
  • 整理収納アドバイザー1級・インテリアコーディネーター
  • 一人暮らしお片付けサービスおへやアレンジメント代表
  • 今まで訪問した一人暮らし女子宅の件数は500件を超える
  • 趣味は収納グッズの情報収集と旅行

おへやアレンジメント流・失敗しない衣装ケースの選び方

  1. 引き出しを入れたい箇所の【奥行】を確認し、本コラムの目次から奥行の引き出しの目星を付ける
  2. 引き出しを入れたい箇所の【幅】を確認し、1で調べた商品のちょうどいい幅を選ぶ
  3. 収納したいモノに合わせて引き出しの【高さ】を選ぶ
  4. 引き出しを引いたときに「扉」や「家具」に干渉しないかの確認をしたら、注文へ

奥行35~40㎝の衣装ケース

奥行36㎝:【カインズ】システムケース衣類240

収納業界で最小奥行の衣装ケースは【カインズ】のシステムケースです。

スペースの少ない洗面所やリビングに置くのにおすすめ。
「衣類用」となっているのは幅54㎝の製品のみですが、他にも、同じ奥行・高さで幅18㎝・36㎝の製品があるので、組み合わせて使うことも可能です。

奥行40~50㎝の衣装ケース

奥行40㎝:【天馬】フィッツケース「FC40」

2023年9月発売の新製品。見た目が美しく、サイズが合えば家中どこでも活躍してくれます。

サイズ展開も多いので、自宅の持ち物に合わせて選べます。

こちらのケースの特徴は、「高さ40㎝」の品揃えがあることです。
お洋服収納だと上に服を積み重ねて入れることになるので使いにくいのですが、バッグの収納や、洗剤のボトルなど背の高いものを収納するのにはかなりおすすめです。

奥行40㎝:【天馬】カバゾコ

こちらも奥行40㎝の引き出しです。

先ほどの引き出しとの違いは、幅が45㎝・60㎝の品揃えがあるので、より横幅が大きなタイプの引き出しを探している方にお勧め。

奥行44,5㎝:【無印良品】ポリプロピレン収納ケース(幅34㎝)・横ワイド(幅55㎝)

賃貸のクローゼットなど、少し手狭な住まいのクローゼットにおすすめなのが、奥行44,5㎝の収納ケースです。

私の家は、一般的なクローゼットより奥行が小さかったので、こちらの引き出しがぴったりでした。

奥行50~60㎝の衣装ケース

奥行52㎝:【like-it】クローゼットシステム 引出し

引き出しの中身が透けず、おしゃれな見た目の引き出しを探している方にお勧めなのがライクイットの引き出し。

カラー展開は6色。ホワイト以外にグレーやベージュがあるのも魅力的です。

ベッド下やオープンタイプのクローゼットなど、見た目を気にしてしまう場所にも気兼ねなく使えるデザインです。

奥行53㎝:【天馬】フィッツケース(クローゼット収納サイズ)

このケース、見たことある!という方も多いのではないでしょうか。
累計1億個売り上げたロングセラー商品のフィッツケースです。

これだけのサイズ展開があります。

このケースを使っている方のほとんどが「全然壊れない」と言います。
私の実家も30年近くフィッツケースを使っていますが、全く壊れる気配がありません。

耐久性重視の方に特におすすめです。

奥行55㎝:【天馬】フィッツユニットケース(クローゼット収納サイズ)

先ほどご紹介したフィッツケースの高級ライン。
引き出しを引くとき、従来の引き心地と比較して1/7の力で軽く開け閉めができるので、一度この製品を使ったら、もう普通の引き出しには戻れないです。
収納にコストを掛けられるなら、この引き出しを選ぶことをおすすめします。

サイズ展開はこちら。

奥行55㎝:【無印良品】ポリプロピレンクローゼットケース

先ほどご紹介したフィッツユニットと同じ奥行55㎝の引き出し。
無印良品の引き出しは、無色で直線的。シャープな見た目が特徴的です。

奥行60~70㎝の衣装ケース

奥行65㎝:【無印良品】ポリプロピレン衣装ケース

最近の新築物件で見かける、「奥行の少ない押入れ」に使えるのが、この奥行65㎝サイズの引き出し。

奥行70㎝~の衣装ケース

奥行74㎝:【天馬】フィッツケース

衣装ケースの定番・フィッツケースの押入用です。
耐久性に優れており、長い年月使っても変形しにくいのが特徴。

幅・高さともに、サイズ展開が多いので、隙間なく引き出しを入れ込むことができます。

奥行74㎝:【天馬】フィッツユニットケース

1つ前でご紹介したフィッツケースの高級ラインがこちら。

押入引き出しは奥行が大きいので、引き出すときに「重さ」が気になります。
しかし、こちらのフィッツユニットなら従来の1/7の重さで引き出しが引けるので、軽い力で快適に引き出せます。

まとめ

今回のコラムでは、衣装ケース(お洋服収納用の引き出し収納ケース)について奥行別でご紹介しました。

「クローゼット用の引き出しを探しているけれど、種類が沢山ありすぎて、どれを選んだらいいか分からない」
「色々なサイトを駆け巡って製品を探すのは時間がもったいない!」
という方の参考になりましたら幸いです。