この記事は約 5 分で読めます。

電池などの小物や、散らかりがちな文房具など、普段の生活で使う物を収納するときに活躍してくれるのが、フタつきの収納ボックスです。

このフタつき収納ボックスの一つ天馬「ハコット」を使って、散らかりがちな小物を実際に収納してみましたので、その様子を今回のコラムでご紹介いたします。

収納例やハコットをより使いこなすための方法についてもお伝えしますので、小物収納でお悩みの方はぜひ、最後までご覧ください。

ハコットとはどんな製品?

始めにハコットがどのような商品かご紹介します。

ハコットはレトロかわいいがコンセプトの道具箱型の収納です。

一般的な工具箱は金属性の製品が多いのですが、こちらはプラスチックで出来ているので、軽くてさびないのが特徴です。
また、見た目もごつくないので、置きっぱなしになってもお家のインテリアを邪魔しません。

サイズ展開は?

ハコットのサイズは全部で6種類。

活用方法については後述しますが、
お道具箱のように持ち手がフタ上に付く形状(Mサイズ・Lサイズ・LLサイズ)と
積み重ね可能なスタッキング形状(プチ・トランク・トランクA4サイズ)に分かれています。

工具箱やお裁縫セットなど一箱で収納が完結する場合は、お道具箱のような形状の「Mサイズ・Lサイズ・LLサイズ」がおススメ。

ハンドメイドの材料入れや、マスキングテープの収集などこれからも増え続けるモノの場合はスタッキング形状の「プチ・トランク・トランクA4サイズ」を選ぶと、収納するものが増えた分は積み重ねて収納することができるので安心です。

カラーは?

カラーは5色展開です。(サニーレッド・カスタードイエロー・ラムネブルー・ダークグレー・ホワイト)
シンプルがお好きな方だと、やはりホワイトやダークグレーを選びがちになるかと思いますが、実は、ハコットのカラーはレトロな「くすみカラー」になっているので、出しっぱなしの状態になってしまっても空間に馴染んでくれるのが特徴です。

このようにカラーバリエーションが豊富なので、人別や用途別にボックスの色を変えて使うといった活用方法もおススメです。

収納部分の詳細

次に、商品の詳細をチェックしていきます。

内部

中を見てみると、どの商品も「仕切り無し」がデフォルトです。

左:ハコットLL、右:ハコットトランクA4

仕切りが無いからこそ、工具入れとして使ってみたり、お裁縫セット用にしたりと自分で使いやすいようにカスタマイズできます。

こちらのカスタマイズについてはコラム後半部分でご紹介します。

ロック部分

全てプラスチックの素材で出来ていますが、しっかりロックが掛かります。
ふたと本体、ロック部分や開閉軸部分がオールプラスチックなのに、歪まずピシっと開閉できるのは、さすがプラスチックメーカー天馬のクオリティだと感じました。

お安い製品だと、だんだん歪んでロックが外れたり、フタと本体がピタッと閉まらないことがありますが、これなら安心して使えるといった印象です。
ロックした時の手ごたえも金属製のものと遜色ないくらいしっかりとあります。

おすすめの仕切り一覧と収納例

次に、ハコット(トランクA4、M、LLサイズ)にシンデレラフィットする仕切りについてお伝えしていきます。
それぞれ100円ショップ(今回はセリアにて購入)で手に入る商品となっていますので、ハコットをこれから購入される方や、どのような仕切りを使ったらよいか迷っている方へ参考になれば幸いです。

また、収納アドバイザー目線でのおすすめ収納例についてもお伝えします。


ハコットトランク(A4)

ハコットトランク(A4)にはクリアケーススリムがちょうど4つ並びます。

クリアケース

商品名:クリアケース スリム

サイズ:縦220㎜横79㎜高さ40㎜

そして、フタ部分はつるつるした素材なので、フィルムフックを付けることができます。

フィルムフック

商品名:何度でも貼ってはがせる フィルムフックシェーバーホルダー

整理収納アドバイザー目線でのおすすめの使い方としては、文具を入れるのがもちろんのこと、それ以外にも、こちらのフィルムフックをふた側に付けて、散らかりやすい「コード」を束ねるための収納としても使うのが良さそうに見えました。

置き場所に困りがちな、かさばる充電器やコードなどの「家電のパーツ」をこちらのハコットにまとめておくと、ごちゃつきが減ってすっきり。探したいときにすぐに見つけられて便利です。

ハコットMサイズ

ハコットMは文具や薬箱に適したサイズです。
ただし、収納アドバイザーの目線で見ると、細々したものを入れる場合は、仕切りが必須です。

ハコットMサイズにはクリアケースのトールトレイシリーズやトレイシリーズがピッタリフィットします。

クリアケース

商品名:仕切り2トールトレイ

サイズ:(外寸)約縦179㎜横40㎜高さ91㎜

クリアケース

商品名:仕切り3トールトレイ

サイズ:(外寸)約縦179㎜横40㎜高さ91㎜

クリアケース

商品名:仕切り3トレイ

サイズ:(外寸)約縦179㎜横61㎜高さ61㎜

仕切りを入れてみると、このようになります。

こちらの写真では2トールトレイ×1、3トールトレイ×1、3トレイ×1を横長に並べ置きしています。

ハコットMはフタがドーム型になっており、高さ方向に関してはペンが立てられるくらいのゆとりがあります。
そのため「寝かせて」収納するよりも「立てて」収納する方がモノが迷子にならずきれいに収納できます。

薬品や文具を入れるのにぴったりです

また、以前テンマフィッツワールドのツイッターでお見掛けした「任天堂SWITCH」を入れる技も試してみました!

ハコットMサイズだと、ドッグやジョイコンがきれいに納まりました。
ハコットLサイズだと、ソフトも入るそうです。

ハコットLL

ハコットLLサイズには「仕切り4トレー」と「1トールトレー」がピッタリ。

クリアケース

商品名:仕切り4トレイ

サイズ:(外寸)約縦120㎜横120㎜高さ61㎜

クリアケース

商品名:仕切り1トールトレイ

サイズ:(外寸)約縦60㎜横60㎜高さ91㎜

こちらの写真では、1トールトレイ×2、4トレイ×1を並べています

普段はあまり使わないお菓子作りのグッズを入れたり、工具箱としても活躍してくれそうです。

まとめ

今回のコラムでは、ハコットを使った収納方法についてご紹介しました。

ハコットをより使いやすくするためのカスタマイズは100円ショップのアイテムを活用することで様々なパターンを作ることができます。

散らかる小物をひとまとめにして、ごちゃつく小物をしまう定位置を作ったり、探し物がすぐに見つかる仕組みづくりにハコットを是非活用してみて下さい。

このコラムで紹介した商品

ハコット トランク

ハコット トランク(A4)

ハコット M

ハコット L

ハコット LL

公式通販サイトのお得な情報や、おすすめ商品や新作情報をゲットできる天馬公式SNSアカウントはこちら