この記事は約 4 分で読めます。

お家のクローゼットや押入れの収納を有効活用するなら、ダントツでおすすめしたいのが引き出し収納です。

そして数多くある引き出し収納の中でも、最もおすすめの引き出し収納が天馬の「Fitsケース」です。

Fitsケースは多くのホームセンターで取り扱いがあるため入手しやすいほか、豊富なサイズ展開があり、耐久性にも優れている収納アイテムです。

今回のコラムでは、そんな天馬のFitsケースを120%使いこなすために、お家にぴったりのFitsケースの選び方や、Fitsケースの活用方法をご紹介します。

Fits(フィッツ)ケースの選び方

自宅収納の奥行サイズをチェック

Fitsケースの選び方をご紹介する前に、Fitsケースを置く押し入れやクローゼットの奥行サイズについてお伝えします。

このサイズを知っておくと、ご自宅に合うFitsケース選びの参考になります。

一般的な住宅の押入れとクローゼットの奥行サイズは

  • 押入れが80cm前後
  • クローゼットが約56㎝前後

となっており、押入れの場合、クローゼットに比べて奥行きが深いため、いかに奥行方向を有効利用するかがポイントとなります。

また、クローゼットの場合は、お洋服をバーに掛けることも多いので服の裾と引き出しケースが干渉しないよう高さ方向にも考慮する必要があります。

クローゼットの奥行とFitsケースからお洋服までの高さを確認

ご自宅の押し入れやクローゼットの収納スペースにお洋服を掛けるバーがある場合は、Fitsケースを積む高さにも気を付けることもポイントの一つです。

あなたのお家にぴったりのFits(フィッツ)ケースは?

一般的な住宅の奥行サイズがを把握したら、次はあなたのお家にぴったりのFitsケースを選ぶために、Fitsケースに何を入れたいかを明確にしておきましょう。

Fitsケースに限らず、お家の収納を最大限に有効利用するために必要なことは、「入れたい物を明確にすること」です。

入れたい物を明確にする前に収納グッズを買ってしまうと、収納グッズに合わせて物を入れなければならなくなり、使いにくい収納になってしまいます。

お片付けの現場でも、「収納グッズはたくさんあるけれどうまく収納できていない」というケースをよく見ます。

これは入れたい物を明確にする前に収納グッズを買ってしまい、実際に収納する段階になって物と収納が合わずにうまく収納できていないことが原因です。

そのような使いにくい収納にならないように、入れたい物別におススメのFitsケースの高さをお伝えしますので、商品選びの参考にしてみてください。

入れたい物Fitsケースの高さ(内寸)
Tシャツやトップス23cm(引き出し高さ内寸:18㎝)
ボトムス23cm (引き出し高さ内寸:18㎝)
下着やインナー18cm (引き出し高さ内寸:13㎝)
パーカー30cm (引き出し高さ内寸:25㎝)
タオル23cm (引き出し高さ内寸:18㎝)
寝具や厚手の冬用パジャマ30cm (引き出し高さ内寸:25㎝)
ハンカチやエコバッグ18cm (引き出し高さ内寸:13㎝)

上記の寸法に合わせた高さのFitsケースを選ぶと、Fitsケースの中に入れたい物を立てて収納したときに収納した物と引き出しの高さがちょうど合い、取り出しがしやすくなります。

あとは、ぴったりの幅を選ぶだけ!

入れたい物に合わせた高さが決まったら、幅を選んでいきます。

Fitsケースは幅の種類も豊富なので、収納の幅に近いモノを選んでいきましょう。
注意したいのは、クローゼットそのものの幅は確保できたとしても、引き出しを引いたときにクローゼットの扉や、下の写真にあるようなちょっとしたでっぱりにぶつからないように考慮することです。

購入前には引き出しが引けるかしっかりシュミレーションするようにしましょう。
シュミレーションが苦手な人は、マスキングテープで床に引き出しサイズの印をしてみると分かりやすいですよ!

Fits(フィッツ)ケースをより使いやすくする方法

続いてFitsケースに物を入れるときにより使いやすくする方法をお伝えします。

入れる向きに気を付ける

収納時に気をつけたいのは

『探すときにすぐに見つけられること』

『戻すときに入れやすいこと』

です。

例えばよく着るお洋服は奥行き方向に並べるよりも、引き出しを少し引いただけでどんな種類があるか見渡せるように、引き出しに対して垂直に並べるのがおすすめ。

引き出しに対して縦方向に収納します

立てる収納を意識しながら、引き出しの奥に行くにつれ、使用頻度が低くなるように収納しましょう。

専用の仕切りを入れる

せっかく綺麗に収納したのに、使っていくうちに引き出しの中がぐちゃぐちゃになってしまう方は、Fitsケース専用の仕切り「フィッツファブリック せいとんボックス」を使いましょう。

引き出し内を区切ることで、ゾーン分けもできるので戻しやすい収納を作ることができます。

こちらの商品はFitsケースに合わせたサイズ設計なので、自分でぴったりの仕切りを探してこなくても大丈夫。
こちらの写真のようにFitsケース内をぴったり仕切れます。

幅39㎝奥行53㎝のFitsケースに対して、せいとんボックスS・M・Lを1個ずつ使用

入れたモノが一目でわかるようにラベルを付ける

収納を上手にするコツの一つとして、使った物を同じ場所に戻せるようにして探し物を減らすというものがあります。

そのためには、物の住所を書くことがおすすめです。入れたものが一目で分かるように、引き出しの前面と引き出しの中にラベルをつけましょう。

こちらの写真のように引き出し前面はマスキングテープやテプラを使うことでグッと見やすくなります。

また、引き出しの中にラベルをつけるときは、クリップを使ってラベリングすると上から見やすくなって便利ですよ。

まとめ

今回のコラムではお家にぴったりのFitsケースの選び方や、Fitsケースの活用方法をご紹介しました。

収納用品は種類が豊富でサイズ選びなど迷うことがあると思いますが、ポイントは入れる物を先に明確にすることです。

天馬のFitsケースは日本の住宅の収納スペースの奥行に合わせたサイズ展開のため、ほとんどのお家の収納スペースに対応しています。

本コラムでご紹介した入れたい物別のおすすめFitsケースをご参考にご自宅にあうぴったりのFitsケースを探してみてくださいね。

このコラムで紹介した商品 ※10%OFF限定クーポン付き※

こちらの記事で紹介したフィッツケースは、おへやアレンジメント限定の10%OFFクーポンを利用することができます。
先着10名様の限定クーポンになりますので、購入を検討されている方はお早めにご利用ください。

クーポンご利用方法
  1. こちらのページ内の商品リンクをクリック
  2. 天馬フィッツワールド内の購入ページで以下のクーポンコードを入力

クーポンコード
ohyFits10OFF

※注意事項※
先着10名様がご利用された時点でクーポンは失効となります

フィッツケース

フィッツファブリックせいとんボックス

公式通販サイトのお得な情報や、おすすめ商品や新作情報をゲットできる天馬公式SNSアカウントはこちら