みなさんは下着やパジャマをどこに収納していますか??

先日こんな質問を受けました。

『洗面所に下着やパジャマを置くのって普通ですか?』

確かに、最近は洗面の収納内に下着やパジャマなど【着替え類】を置くケースが増えています。

しかし、私や主人の実家では『部屋のタンス』に下着を入れていました。

だから、新卒でコーディネーターになりたてだった頃は洗面所に着替えを置くという発想は斬新だと感じたのを覚えています。

洗面所に置くメリット

洗面室に下着やパジャマを置くメリットは、

  • わざわざ他の部屋から着替えを持ってこなくていい(動線の効率化)
  • 浴室に乾燥機が付いているお家の場合は、乾燥した下着やパジャマをすぐに洗面所にしまえる
  • 下着を持ったままの状態で部屋からお風呂まで行かなくて良い

などが挙げられます

洗面所に置くデメリット

  • 湿気が気になる
  • あまり広くない洗面の場合、洗剤や日用品の収納スペースが減る
  • 下着はみんなと同じ共用部分に置きたくない家族もいる(⬅︎恐らく思春期の私だったら自分の部屋に置きたいって言っちゃうかも)
  • これは少数派ですが、夜も朝も下着のお着替えをする方の場合も、自分の部屋や寝室などに置くことになるかと思います

オススメのレイアウトは?

それでは、メリットデメリットが分かったところで、洗面スペースに着替えを入れたい場合のオススメのレイアウトをご紹介します。

0,75坪空間(1650×1200mm前後)〜1坪空間(1650×1650mm)の洗面の場合

なるべく空間に多くの収納を入れる工夫を!!

例えば…こんなイメージ

・洗濯機上に収納をつける
(そこに洗濯ネットや洗剤ストックを入れる)

・鏡は三面鏡に
(鏡裏によく使うクシやドライヤー、ヘアケア、ヘアセット、電動歯ブラシ、髭剃りなどを入れる)

・洗面台下に下着類、タオル、洗濯カゴを入れる

しかし、これだけの工夫をしても0,75坪の場合、洗面台の中にパジャマの収納を作るのは厳しいと考えてください

わたしの家は0,75坪なので、パジャマはカゴ収納です

本来こちらのカゴはボタニカルスタンドですが、ちょうどパジャマが入るので使ってます
(わたしの家は効率重視なので、洗面空間に下着とパジャマを収納する派です!!)

1,25坪空間(1650×2150)以上の洗面の場合

空間にゆとりがあるので、洗面台下を引き出しにして、そこにお着替えや日用品を収納

例えば…こんなイメージ

基本的に洗面台は下段が深いことが多いので、そこにパジャマ類やバスタオルを入れる。

浅い引き出しには下着類、という感じです

まとめ

収納はその家に住む人数や動線、その場所にしまいたいものによって全く変わってきます。

今回は下着や着替えをメインに話しましたが、他にもピンチハンガーやバケツ類をどこにしまうのか、何を優先させるための収納なのか(時短なのか、家族間のプライベートなのか見た目なのか)でレイアウトは違ってきます。

おうちを検討している方は何を優先にしたいのか考えてみてください!!

お部屋の収納でお悩みの方へ

おへやアレンジメントでは、お部屋の収納でお悩みの方のために無料で収納のアドバイスを行っています。

クローゼットやキッチン、押入れなどで収納が上手くいかないことがあったらお気軽にご相談ください。

無料収納ワンポイントアドバイス