この記事は約 4 分で読めます。

飾る、みせる収納フィッツプラスデコ

天馬から新製品のチェストが販売されました。その名もフィッツプラスデコです。

飾る、みせる収納とありますが、こちらのフィッツプラスデコは、引き出し前面に収納が付けられるようになっているようです。
今回のコラムでは、天馬の新商品であるフィッツプラスデコについて、他の収納ケースとの違いや、実際に使ってみて感じた良かった点・気になる点についてをお伝えしていきます。

フィッツプラスデコとは?

引き出し前板に注目!ペグボードが一体になったチェスト収納

フィッツプラスデコの最大の特徴は、引き出し前板部分がペグボードになっていることです。

従来品では見かけることの無かった「ペグボード」がチェストと一体になることで、使い勝手が良いだけでなく、活用の幅が広がる製品になっているのが最大の特徴です。

引用元

カラーは2色展開。艶消しの質感が好きな人にはおすすめ

フィッツプラスデコは、ホワイトとブラックの2色展開になっています。
従来品のフィッツプラスでは、天板部分のカラーが木製のナチュラル色のみなので、ナチュラルカラーが合わないお家の場合は、フィッツプラスデコのカラー(オールホワイトもしくはオールブラック)のチェストの選択肢が増える事でご自宅に取り入れやすくなります。

また、天板部分の質感はつや有ですが、正面から見える前板部分の質感はマットです。

※写真は脚部分をつける前の製品です。

従来品である「フィッツプラスプレミアム」は前板まで完全につや有の仕様でしたので、マットな質感が好みの場合はこちらのフィッツプラスデコが新しい選択肢になりそうです。

軽くてスムーズな引き心地やほこりの付きにくさは従来通り。

木製のチェストと違い、プラスチック製なので軽く、チェストそのものが湿気にくいのが特徴です。
特許を取得した「引き出しロック」やサイドローラー内蔵のスムーズな引き出し部分、耐荷重10㎏の天板など、チェストのベース部分はフィッツプラスデコの姉妹品である「フィッツプラス」と同じ仕様となっており、製品のクオリティとしてはかなり高いものになっています。

実際の使用感

こちらの製品は、前述した通り、引き出し前板部分にペグボードがついているので自分好みにデコレーションしたり、更に収納が増やせるというメリットがあります。

例えば、普段使いのアクセサリーを掛けて置くことで、わざわざ引き出しを開けずにモノを取り出すことも可能です。
チェストの中には普段のお洋服を収納して、お洋服に着替えたら引き出し前板に掛かっているアクセサリーをその場で付ける、といった流れがこのチェスト1台でワンストップで出来るのが非常に便利でした。

また、ペグボードの部品次第では、このようにグッズを掛けてディスプレイすることも可能です。
イメージではフォトフレームを置いていますが、お気に入りのCDジャケットやアクリルのキーホルダーなどを掛けるだけで、自分だけのお気に入りスペースを作ることができます。

自分の推しグッズをお部屋の中に飾りたいけれど、壁に穴を開けられない賃貸の方や、既にグッズが沢山あって飾るスペースが足りない方は、チェストの前板がディスプレイスペースに出来るフィッツプラスデコを選ぶメリットが大いにあるかと思います。
そして、チェスト内にはペンライトやライブ用のタオル・Tシャツ、双眼鏡などを収納することで、自分のお気に入りだけを集めたコーナーを作ることができます。

ペグ部品を付けるなら

ちなみにフィッツプラスデコは、ペグ部品は別売り品になっています。
そのため今回は、ダイソーで部品を揃えてみました。

ダイソーで購入したものはこちらです。

  1. ハンガーフック
  2. 棚用フック
  3. U字フック

フィッツプラスデコにペグ部品を付けてみるとこんな感じになりました。

①のハンガーフックなら、お洋服の消臭スプレーなどを掛けて使うのに便利でした。
②の棚用フックは、CDやDVDのジャケットを置いてディスプレイする用として
③のU字フックはアクセサリーなど細々したものを掛けるのにぴったりでした。

ホームセンターやネットでもペグ部品は購入できますが、必ず25㎜ピッチの市販品を選びましょう。
私は、ネットで間違えて20㎜のものを買ってしまったので、設置できませんでした。ご注意ください。

ペグ部品ボードを使う際の注意点

実際に使ってみて感じたのは、

  • 揺れやすいモノ
  • 下の段まで長さが出てしまうモノ

は掛けない方がベターです。
具体的なモノでお伝えすると、大ぶりのネックレスなどです。

揺れやすいものを引っ掛けると、引き出しを引く際に揺れたり、取っ手部分に掛かって下の段が使いにくくなってしまうので、掛けたい物が決まっている場合は、長さ部分に注意して掛けるようにしてみてくださいね。

また、ついつい便利でモノを掛けてしまう場合も、前パネルは耐荷重1㎏までとなっているので、掛けたい物の重さにも注意が必要です。

YouTubeでも紹介されています

こちらの製品は収納王子ことコジマジックさんと人気アイドルグループの7ORDERのコラボ動画内でも紹介されています。

動画内では前面のペグボード部分を、引き出し内に収納しているものが分かるようにラベリング兼ディスプレイとして活用する方法が紹介されていました。

まとめ

フィッツデコプラスは製品紹介にもある通り「飾る、みせる収納」としてこれまでにないタイプの製品になっています。

一人暮らしの女性宅でよく見かける「推し」のグッズなどは引き出しに収納し、特にお気に入りのアイテムはペグボード部分に見せるように収納する使い方などがおすすめです。

今まで生活感が出てしまいがちだったチェストが引き出し前面のペグボードのおかげで一気にインテリアとしてお部屋に馴染むようになります。

チェストの買い替えなどを考えている方はぜひ選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介した商品

フィッツプラスデコ

公式通販サイトのお得な情報や、おすすめ商品や新作情報をゲットできる天馬公式SNSアカウントはこちら