タイトルにある最近の流行色ですが、それは、『ピンク』です♡

今回の記事では一人暮らしでも取り入れられるピンクカラーのインテリアについてお伝えします♡

ピンクカラーを取り入れる時の注意点は?

ピンクカラーのインテリアにする場合はくすんだピンクを使うのがポイントです

そうすることで大人っぽくピンクを取り入れることができます

パステルすぎるピンクや鮮やかすぎるピンクを使うと幼く見えたり、周りと浮いてしまう場合があるので注意しましょう

お部屋のどこから取り入れたらいい?

実際にピンクを差し色で入れるなら、クッションや小物類など小さい面積から取り入れるとバランスの良い空間が作れます

白地にピンクの刺繍も空間が華やかになりますし、ベロアのピンクだと冬の時期にぴったりの質感に♡

▲大人っぽいコーディネートにしたい場合はこんな抽象柄もおススメ

また、こんなナチュラルピンクのフラワーベースをテーブルのアクセントにしても華やかになります♡

使い捨てにはなってしまいますが、ペーパーナプキンもピンクだと取り入れやすいかも♡

これは余談ですが、ユニットバスの壁カラーでも『ピンク』の新色が出ていました

トレンドカラーを取り入れて、お部屋作りを楽しんでみてください♡